徳島県鴨島町の【産後骨盤矯正】について

2018年03月20日

皆さん、こんにちは!

 

鴨島坂口鍼灸整骨院です。

 

本日は、産後の骨盤矯正をするとなぜ腰痛や肩こりが改善するのか

 

また、なぜダイエット効果があるのかについてお話ししたいと思います。

 

本日、当院に通われている患者様から、

 

子供を抱っこするときの腰痛がなくなりました!と嬉しいお声を頂きました。

 

さらに、体重も自然に落ちて、妊娠前の体型に戻りました!と

 

喜んでいただくことができました。

 

産後の方によくみられる症状としましては

 

・産前のズボンやスカートが履きにくくなった

 

・おなか周りがポッコリでてしまう

 

・尿漏れするようになってしまった

 

・手足が冷える

 

・お尻周りの骨や骨盤が痛むことがある

 

この患者様の場合は、痛みを取ることを理想の状態として通ってくださっていたので、

 

特に食事制限や運動などはされていませんでした。

 

それなのに、何もしていないのに痩せるなんてすごい!!と、

 

とても喜んでいただけました。

 

ではなぜ、骨盤矯正で痩せることができたのでしょうか?

 

肩こりや腰痛、足の痛みなどを改善するために骨盤矯正を受けたら、

 

何もしていないのに体重も減った!ということは

 

実はよくあることなんです。

 

当院に通われていた方の中でも、効果の出やすい方は3か月で10キロ痩せた!という方もおられます。

 

骨盤矯正を継続して受け、骨盤が本来の正しい位置に戻ると、こんな効果があります。

 

・ホルモンバランスが整うことで、痩せやすい体になる

 

・血流が良くなることで、内臓の代謝が上がり脂肪を燃焼しやすくなる

 

・骨格が正しい位置に戻ることで筋肉もうまく使えるようになり筋肉での代謝も上がり脂肪を燃焼しやすくなる

 

などなど、骨盤矯正をすることで体が本来の働きを取り戻すため、痩せやすい体に変わりダイエット効果があるのです。

 

もちろん、はじめからダイエット目的で産後の骨盤矯正を受ける方もたくさんおられます。

 

その場合は骨盤矯正と一緒にインナーマッスルを鍛える治療も併せておこなっていきます。

 

インナーマッスルを鍛えて骨盤を安定させること、代謝をあげることによってより大きな治療効果を出すことができるのです。

 

本日紹介した産後の患者様ですが、もともと細身ですらっとされいてとてもきれいな方です。

 

それでも、出産前に履いていたズボンが履けなくなってしまったり、きつく感じたり。

 

スカートもおなか周りの盛り上がりが気になって履きにくくなってしまったり、

 

旦那さんから体型が変わったと言われてしまったりなど

 

そんな変化で少し落ち込んだり、自信がなくなってしまっていたのかもしれません。

 

・若いころは痩せていたのに、子どもを産むたびにどんどん太ってしまった。

 

・産後おばさん体型になってしまい、昔の知り合いに会いたくない。

 

・出産すると体型が崩れるのは仕方がない。

 

そう思われている方がほとんどだと思います。

 

体型の変化、あきらめてしまっていませんか?

 

産後、痩せにくくなり体重がなかなか戻らない、プロポーションが崩れてしまったなどの症状は

 

骨盤のゆがみが原因になってしまっている場合があります。

 

産後は骨盤が柔らかく、体が変わりやすい時期です。

 

産後矯正をするにあたって最も適している時期は産後2ヶ月から6ヶ月と言われています。

 

6ヶ月を過ぎると骨盤が徐々に固くなってしまうため、効きが悪くなってきます。

 

産後の今の時期に思い切って体を変えてみませんか?

 

骨盤矯正と聞くと骨をばきばきならしたり痛いことをするイメージがある方も多いとは思いますが、

 

当院では痛みの出るような治療はしておりません。

 

ご相談だけでも大丈夫です。

 

ご質問やご興味のある方は、ぜひ当院に一度お電話ください。

 

産後のお身体の悩みを、一緒に解決していきましょう!!

徳島県の鴨島坂口鍼灸整骨院【肩こりについて】

2018年03月6日

皆さん、こんにちは!

 

鴨島坂口鍼灸整骨院です。

 

本日は、肩こりについてお話致します。

 

皆さん、肩こりは国民病と言われているほど、

 

症状を感じている方がたくさんいらっしゃるのをご存知でしょうか?

 

皆さんも肩こりに慣れてしまって、当たり前になってしまっていませんか?

 

 

・常に首肩に重いものが乗っているような違和感がある方。

 

・お仕事中に特に首肩が張ってくる方。

 

・長時間座りっぱなしだと首肩が凝ってくる方。

 

・肩凝りがひどくなってくると頭痛がでてくる方。

 

・朝起きたときに首肩や背中がが固まってしまっている方。

 

などなど、このように慢性的な症状を抱えている方は

 

普通のマッサージでは、その時は症状は軽減しても根本的には治らないんです。

 

肩こりとはそもそもどういう状態かというと、

 

主に肩から首の筋肉がぎゅっと緊張して固くなってしまうことで筋肉の中に通っている神経を圧迫してしまい

 

痛く感じたり、だるくなったりすることを総称して言います。

 

ひとによって感じ方や痛みの程度は様々ですが、

 

この肩から首にかけての筋肉はどうして固まってしまうのでしょうか?

 

その原因について説明していきます。

 

まず、人間の頭はボウリングの玉くらいの重さがあると言われています。

 

この頭を首や肩がうまくバランスを保ち、支えてくれています。

 

しかし、頭の位置が猫背の姿勢やデスクワークなどで少しでも前に出てしまうと、

 

首や肩に倍以上の重さがかかってしまうんです。

 

このような悪い姿勢や前かがみの姿勢、デスクワークなどで日常的に負担のかかる状態が続いてしまうと

 

首と肩の筋肉をずっと酷使し続けているような状態になってしまうので筋肉が疲れてしまい、

 

疲れた筋肉は固くなるために血管や神経を圧迫して血流が悪くなり

 

肩こりという状態になり痛みやだるさなどを引き起こしてしまうのです。

 

そして、肩こりをそのままにしてほうっておくと

 

脳のほうにうまく血液を送れずに頭痛になってしまったり、

 

腕のほうへつながっている神経にも圧迫が及んでしまい手先が冷えたり、

 

腕や指のしびれなどの症状もでてきてしまいます。

 

ではこの肩こりの状態をよくしていくにはどうしたらいいのでしょうか。

 

1度固まってしまった筋肉を柔らかくするには、

 

お風呂にゆっくり浸かったり、左右の肩甲骨の間にカイロを貼ったりして温めて血流をよくすること、

 

またはストレッチや運動をして筋肉を動かしたり、湿布を貼ったり、マッサージに行きほぐしてもらったりが有効ですが、

 

そのようにされている方も多いと思います。

 

温めたりもみほぐしたりされると、たしかに筋肉の血流は良くするにはよくなるので、

 

症状は軽減されるとは思います。

 

ただ、一瞬楽になっても、次の日になったり時間が経つと、また肩こりがでてきませんか?

 

これはなぜかというと、冒頭でも少し触れましたがそもそもの根本的な原因は猫背の姿勢や、お仕事中の姿勢が悪く

 

首や肩周りの筋肉に負担をかけてしまっているからです。

 

そのため、いくらマッサージの治療をしてもらったり、湿布を貼ったり、温めたりしても、

 

そのときは楽になるのですが、根本的な姿勢というところが改善されていないために何度も症状がぶり返してしまうんです。

 

肩こりの症状をもう出ないように、根本的に治すため1番必要なのは、姿勢の矯正です。

 

姿勢を治すことで見た目の印象もぐっと良くなりますし、痛みに対して再発しないような根本的な改善ができます。

 

当院では、MPF療法という手を使った特殊な手技で姿勢の矯正をおこなっています。

 

矯正ときくと骨をばきばき鳴らしたり、痛みを伴う治療をイメージされる方も多いとは思いますが、

 

当院では骨を鳴らしたり強い痛みを感じるような治療はおこなっておりません。

 

肩こりの症状でお困りの方は是非当院に一度お電話ください。

 

 

徳島県土成町から【産後骨盤矯正】患者様のお声

2018年01月22日

みなさん、こんにちは!

 

鴨島坂口鍼灸整骨院です。

 

本日は、産後の骨盤矯正についてお話していきます。

 

まず、産後骨盤矯正で当院に通っていただいた患者様のお声を紹介致します。

 

産後2ヶ月からこちらで骨盤矯正をしていただき、

 

当初の目標である、妊娠前のズボンを履くことができました。

 

体重も少しずつですが減量していき、徐々に妊娠前の体型に戻りつつあります。

 

最初は、子供を預けて週2回のペースで通うのが不安でしたが、

 

終わってみると、3か月間通わせてもらって本当によかったです。

 

スタッフの方々も親切で、丁寧な対応をしていただいて、

 

通っていて楽しく施術を受けることができました。

 

施術中はとても心地よく、

 

ついウトウトしてしまうこともあり、とてもリラックスできました。

 

長い間、お世話になりました。

 

とのことです。

 

この方はプロポーションの面で悩まれておりましたが、

 

3か月間しっかり治療させていただき、喜んでいただけました。

 

当院にはキッズスペースもございますので、

 

赤ちゃんは先生や受付さんがあやしてくれたり、

 

小さいお子様がおられる場合は、キッズスペースでDVDを観たりすることもできます!

 

DVDはこちらで何枚かご用意もしておりますし、

 

持ってきていただいても大丈夫です。

 

ブロックや絵本などもありますので、ぜひお子さんも連れてきてください!

 

産後の方に質問ですが

 

〇腰痛や肩こり、股関節やひざの痛み

 

〇妊娠前の洋服が着られなくなった

 

〇むくみ・冷え

 

などの症状はでていませんか?

 

出産する際、胎児が産道を通るために骨盤は最大限に広がります。

 

このとき骨盤周りの筋肉に負担がかかるため、

 

骨盤の横幅が広がったり、

 

産後すぐは骨盤周りの関節が柔らかくゆるゆるになるため、

 

骨盤を正常な位置で維持することができずに、歪みが生じてしまいます。

 

 

骨盤が広がってしまうと、内臓が下がってしまうために代謝が悪くなり

 

太りやすくなったり、便秘や冷えなどの症状が現れてきます。

 

妊娠中にお腹が大きくなるにしたがって、

 

骨盤が前に倒れて腰の反りがきつくなり、反り腰といわれる状態になります。

 

この状態は首肩周りや腰、股関節や膝にかなりの負荷がかかってしまう姿勢のため、

 

妊婦さんや産後の方で肩こり腰痛、股関節や膝の違和感などを訴えられる方は非常に多いです。

 

そして、骨盤の広がりや歪みをそのままにしておくと、

 

骨盤は勝手に正常な状態に戻ったりすることはなく、

 

広がりや歪みがある状態のままで固まってしまいます。

 

骨盤が固まってくるのは、だいたい産後半年から1年以降と言われています。

 

産後の骨盤矯正を受けるのに最も適したな時期は、

 

骨盤が固まる前の2か月から6カ月の間といわれています。

 

産後の骨盤矯正ときくと、

 

骨をばきばき鳴らしたりするイメージはありませんか?

 

骨を鳴らしたり、身体に無理な負荷をかけてしまうと、さらに筋肉や靭帯を痛めてしまう可能性があります。

 

当院では、身体に対する負担が最小限となるような優しい治療をしております。

 

産後は骨盤が前に傾きホルモンバランスが崩れてしまい、

 

生理痛がひどくなったり、下腹がぽっこりでやすくなったりします。

 

ですが、産後の時期は1番ダイエット効果が期待でき、

 

スタイルをよくするチャンスでもあります!

 

産後すぐの関節が柔らかい時期は、骨盤矯正をする絶好のチャンスととらえ、

 

私たちがしっかりと治療致しますので、一緒に頑張りましょう!

 

産後に肩こりや腰痛がひどくなった、むくみや冷えが気になる、

 

履けていたズボンが入らなくなったなどの症状がある方は、

 

ぜひ一度当院にお電話してください!

 

 

 

 

 

徳島県鴨島町の難聴で来院された患者様の声

2017年12月24日

みなさん、こんにちは!

 

徳島県鴨島町の交通事故治療専門院、鴨島坂口鍼灸整骨院です。

 

みなさんは突然耳が聞こえなくなったという経験はありますか?

 

突然耳が聞こえにくくなる病気を「突発性難聴」といいます。

 

テレビや雑誌などメディアで芸能人が突発性難聴を発症したという

 

報道で聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

 

突発性難聴は、感音性難聴の一種となります。

 

難聴には「伝音性難聴」と「感音性難聴」と

 

その「伝音性・感音性混合型難聴」に分かれます。

 

伝音性難聴とは音が伝わっていく道が

 

障害をうけた場合に起こります。

 

例えば耳の中に何か詰まってしまうなどが原因となります。

 

感音性難聴とは音が伝わる道には問題がないのですが

 

音を感じ取る感覚機構が障害を受けた場合起こります。

 

突発性難聴は感音性難聴のひとつであり、

 

一般的には40~50代が多い病気ですが、

 

最近では若い人にも増えているといわれています。

 

つまり、いつだれが発症しても不思議ではありません。

 

さらに怖いことに、突発性難聴の明確な原因は分かっていません。

 

だからこそ、起きてしまった場合の正しい対処が重要となってきます。

 

突発性難聴の1番のポイントは「突然聞こえが悪くなる」ことです。

 

突発性難聴を発症した人の多くは、いつ、どこで、何をしているときに症

 

状が起こったのかを明確に説明できると言われています。

 

さっきまで普通に聞こえていたのに、急に聞こえないと感じた場合は

 

突発性難聴をまず疑う必要があるでしょう。

 

耳がつまった感じや耳鳴り、くらくらめまいがするなどあり、

 

その後に聞こえが悪くなったら、まずは耳鼻科に行くことが大切です。

 

突発性難聴が治るかどうかは、

 

どれほど早く治療をはじめられるかが大切であり

 

48時間以内の受診がおすすめです!

 

早期の治療(薬の投与)が

 

症状の改善には最も効果的と言われています。

 

病気になってから治療を行うまでの期間が長くなると、

 

薬の投薬など治療を行っても後遺症として耳鳴りやめまい、

 

難聴のような症状が残ってしまう場合があります。

 

後遺症を残さないためにも、おかしいと思ったら

 

耳鼻科の受診をお願いします!

 

突発性難聴の前兆症状を紹介します

 

●耳がつまっている感覚がある

 

●耳の聞こえ方がいつもと違う

 

●めまいがする(ふらふらするなど平衡感覚がおかしい)

 

●耳鳴りがする

 

●生活の中で強いストレスを感じている。

 

このような症状があった後に耳の聞こえが悪くなった場合は

 

突発性難聴を疑いすぐに耳鼻科を受診してください!

 

この突発性難聴ですが、

 

実は鴨島坂口鍼灸整骨院でも治療ができます。

 

もちろん最初に書いて様に病院での受診・投薬が大前提なのですが

 

病院での治療と

 

当院の鍼灸治療を並行して行うことで

 

より早い改善を期待することができます。

 

今回は当院で突発性難聴の治療を受けられた

 

患者様から頂いたうれしい声をご紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<患者様の声>

朝起きると突然片方の耳がふさがったような感じがあり

 

テレビの特に低音がほとんど聞こえていないことに気づきました。

 

次の日まで様子をみてそのままだったので耳鼻科を受診すると

 

“メニエールかもしれない、このあとひどいめまいがおこったり

 

聴力の回復がむずかしいかもしれない”と診断され

 

投薬治療を始めました。

 

2日後はり治療をしてみようと思いお願いしました。

 

ていねいに説明していただき、とてもよくわかりました。

 

1回目の治療で、その夜から耳のつまりがなくなりました。

 

それだけでもとてもよくなりましたが

 

2回目の治療であきらめていた聴力が

 

もとに戻っていることが分かりました。

 

ひどいめまいもおこらず、

 

普通に家事をすることもできるようになり

 

本当にありがたく思っています。

 

<スタッフより>

うれしいお声をありがとうございます。

 

突然耳が聞こえにくくなるという

 

大変不安な症状だったと思います。

 

早期に対応されたことが改善したポイントです。

 

症状の改善にスタッフ一同

 

大変うれしく思っています。

 

 

坂口鍼灸整骨院・整体院グループホームページ
鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院ホームページ

 

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

 

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

 

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

 

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

 

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

 

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

 

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

 

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

 

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら!

鴨島坂口鍼灸整骨院電話番号:088-336-1445

ページのトップへ